2017年06月13日

赤ちゃんは天使です!ー天使のベビーふとん開発物語ー

■赤ちゃん受難の時代です。
お子さんのジュニアふとんをご注文いただき、
お伺いした時、いままで使っていたベビーふとんを見せていただきました。
それはツルツルの化繊生地に包まれた、ペチャンコになった化学繊維のわたのふとんでした。

「このふとんに寝てたのですか?」と思わず言葉が出てしまいました。
その時保育園に行っているという、お子さんのことが、なぜか気になって仕方なくなりました。
赤ちゃんは汗をいっぱい掻くのに、こんな化学繊維のふとんに寝かされて、さぞ寝苦しかったことでしょう。

こんなに酷いベビーふとんがあることを知って、
市販のベビーふとんはどうなっているのか?、と、
大型ショッピングセンターのベビーふとん売り場を覗いてみました。

ずらりと並ぶベビーふとん売り場は一見カラフルでしたが、
ほとんどがポリエステル系の化学繊維で作られたモノばかりで、
自然の素材で作られたものは一点もありませんでした。

ポリエステル100%の布団は論外としても、
可愛いプリント模様の生地も、ポリエステルと綿の混綿生地で作られたものがほとんどでした。
中に入っているのわたは、すべてポリエステルわたのものばかりでした。

オーガニックコットンベビーふとんと表示されているものもありましたが
中わたはポリエステルが入っていました。

それではと、全国展開のベビー用品専門チェーン店にも回ってみました。
さすがに専門店だけあって、たくさんの種類のベビーセットが展示されていました。
しかし、赤ちゃんには薦められないふとんばかりでした。

見た目はきれいなプリント生地の布団ですが、
赤ちゃんのことを考えて作ったとは思えないものばかりでした。

一番問題なのは、ポリエステルを圧縮した「固わた」のベビーマットです。
赤ちゃんの背筋が曲がらないと言って売ってるのですが、
ポリエステル繊維のわたは、風合いを出すため、人工的に繊維に撚りをかけてありますので、
フカフカ過ぎるふとんになってしまいます。
それを圧縮して、合成糊で固めて形を整えたものが「固わた」です。

天から降りてくる新しいいのちを
石油由来の化学繊維のふとんで包むなんて、
私には到底考えられないことです。

いま日本の赤ちゃんたちは、
あんな酷いベビーふとんに寝かされて、
大変な受難を受けていることを知りました。

■土に還れるふとんを〜

もう一つの問題は
化学繊維のふとんは土壌に還れないことです。
使い終わって、捨てられても、土に還ることはありません。
焼却炉で燃やされたとしても、その灰は永遠に土壌に残るのです。

赤ちゃんの未来のために、わたしたちが為なければならないことは
大自然の、緑豊かな環境を次世代につなげることです。
それは、持続可能なサステナブル社会でなければ実現しません。
地球に還れないふとんではそれは不可能なことです。

それに対して、
オーガニックコットンでも、コットン100%のふとんでも、
大自然の恵みの塊、コットンで作ったものです。
柔らかさも、暖かさも、通気性も、
自然の恵み、大自然の愛に包まれるのです。
そして、使い終わっても、最後は自然に還っていくのです。

コットンのふとんは、
出来立てには、何も荷重が掛かっていませんから、膨らんでいますが、
使っているうちに、柔らかくても芯がしっかりカラダを支えてくれる
コットン特有の自然な風合いのふとんに戻ります。

コットンは、繊維自体が空気を循環させ、汗を吸い、排出する、睡眠環境に適した素材です。
そしてコットンわたは、「芯の確りした柔らかさ」で、睡眠環境に最も適したふとんになるのです。
オーガニックコットンわたも、弾性の強いインド産短繊維綿になりましたので、
より確りした感触のふとんになりました。

■子どもたちに緑豊かな環境を残すために

余談になりますが、
市販の化学繊維ふとんで育った子供たちと、
コットン、オーガニックコットンなど、自然素材のふとんで育った子供たちの、
情操面の違いに興味を感じています。
私は成長後の子供たちの情緒に差ができるのではないかと心配しています。

大量生産、大量消費で作られた大人のふとんも問題なのですが、
大人は自分でふとんを捲ったり、干したりできますが、
赤ちゃんはどんなに不快でも、ただ泣くことだけしかできません。

湿度の高い日本です。
化学繊維のふとんで、赤ちゃんたちは毎日蒸れに耐えているのです。
赤ちゃんを少しでも吸水性のよいふとんに寝かせてやりたいものです。

そんな赤ちゃんが、成人したとき、本当の安らぎ、心地よさを知って育つのでしょうか?
荒れる子供たち、問題行動の子供たち――
その原因はわかりませんが、赤ちゃんの時の、
不快な睡眠環境にも関係があるのではないかと思えてなりません。

ベビーふとんは、天から降りてくる新しい ”いのち”=赤ちゃんをお迎えする、
安らぎのふとんであって欲しいと願っています。
そのために、素材の純粋性に一番こだわって作っています。baby2.jpgbaby2.jpg
posted by oyamatsu at 14:41| Comment(0) | ベビーふとん

2017年02月02日

赤ちゃんのふとんを自作したご夫婦(3)

オーガニックコットンはコットンの純粋性を守るために生まれたコットンです
大量生産方式で生産されたコットン製品が市場を席巻するとともに、よりコットンの原点に回帰した、純粋のコットンが求められるようになりました。コットン畑の土壌汚染や、栽培農民の健康問題も無視できなくなってきたからです。
そして蘇ったのがオーガニックコットンです。コットンの純粋性が人工的に失われた反省から、農薬や化学肥料を厳密に排除した昔ながらの自然栽培のコットンです。
化学肥料や農薬がなかった時代のコットンは当然のことですが、自然のままのコットンでした。しかし現代では他のコットンと隔離し、厳密に管理して栽培しなければならなくなりました。

オーガニックコットンは純粋性を守るため、栽培、収穫ばかりでなく、加工、製品化の工程でも厳しく管理して、不純物の混入を防いでいます。
栽培段階では、遺伝子組み換え種子でないこと、化学肥料、農薬、殺虫剤、枯葉剤など化学物質を使わないこと、更に製品化工程でも化学染料や添加剤などを使用しないことなど、厳しい基準が決められています。 
しかし、オーガニックコットンはどんなに厳しい基準があっても、栽培から加工、販売までの流通経路にたずさわるすべての人の信頼関係がなければ成り立ちません。もし製品化までの工程のどこかで、妥協が生まれ、省略や不正が起きてしまうと、それだけオーガニックの純粋性が損なわれてしまいます。栽培から消費までの流通経路が長くなるほどこの不安は高まってくるのです。

そしてその品質を保証するのがフェアートレードのルートです
オーガニックコットン製品は、栽培地から、加工、販売までのルートが、常に開かれていなければなりません。そしてそれを、誰にでも証明できる透明性が必要です。
このことをトレーサビリティ(traceability)といいます。物品の流通経路を生産段階から最終消費段階まで遡って追跡し、流通ルートごとに証明できることです。

その第一番目は、栽培している農民を信頼して、生産をお願いすることから始まります。他のコットンとはっきり別けて栽培して貰うには、充分に採算の取れる買い取り金額を支払うことはもちろん、収穫物の全部を買い取ることを約束しなければなりません。
特定の誰かのところが儲かるようなシステムでは、農民はけして信用してはくれません。信頼関係なくして、公正公平なフェアトレードシステムは成り立たないのです。
それは適正価格でインド、タンザニアなどの農民の暮らしを支えるとともに、収穫後の生産、加工、消費までの長い工程にかかわる、すべての人たちが共に共存する、未来のライフスタイルを目指す試みでもあります。オーガニックコットンの流通から、それを購入する人たちの間で生まれてくるのは、未来に向かって一緒に豊かな暮らしを守るための、持続的な共存共助のこころです。
公平なルートによって純粋性が守られているオーガニックコットンは、未来の暮らし方の先駆けになるものです。オーガニックのこころが、あらゆる製品に広まって欲しいと思います。

未来の地球環境をまもるオーガニックコットン
とりわけこれから産まれて来る赤ちゃんのためには、どうしても使っていただきたいのが、オーガニックコットンのベビーふとんです。なぜなら、オーガニックコットンが未来の地球の環境を担っているからです。オーガニックコットなくしては赤ちゃんの未来もなくなってしまうからです。

東海林さんご夫婦の、ご自身の子どものふとんを自分で作りたい、その夢には、このような大きな目標があったのです。
奥様のミモザさんの幼児期の体験を綴るブログから、かなり強度なアトピー症に苦しまれたことを知りました。
http://www.mimoz-art.com/entry/2017/01/04/145849
奥様の幼児期の痛々しい包帯に巻かれた写真を拝見したとき、この苦しみを産まれて来るお子さんには引き継がせてはならないというお二人の思いを知りました。
お二人で作られたオーガニックコットンのベビーふとんには、この思いが託されていたのです。
お二人の願いが単なるもの作りの好奇心を超えたところにあったことを知りました。

八丈島で始まった新しい暮らし
東海林さんご夫妻はいま、お子さんとともに、自然豊かな八丈島に移住しました。そして、手仕事の得意なご夫妻です。いろいろのモノ作りをなさる計画があると聞きました。
その中の一つに、オーガニックコットンのふとん作りも入っているようです。
それは大手メーカーの職を捨てたご主人と、高校教師の職を捨てた奥様の、新しい暮らし方への決意の選択でした。

いまオーガニックコットに注目が集まってきました。いよいよ大手メーカーも本腰を上げてオーガニックコットン製品に手を出し始めました。オーガニックコットンが、持続的な未来の暮らし方にはなくてはならない時代になったのです。
八丈島でのお二人のこれからの暮らしの中で、オーガニックコットンのふとん作りがどんな広がりを見せるか、楽しみにしています。
■お二人が作った新しいサイトをご紹介いたします。
LalaSalama:http://lalasalama.net/index.html
LalaSalama Facebookページ
posted by oyamatsu at 11:16| Comment(0) | ベビーふとん

2017年02月01日

ベビーふとんを自作したご夫妻(1)

CIMG3002.JPG
産まれて来る赤ちゃんのふとんに込められた願い
東海林さんご夫婦の、オーガニックコットンベビーふとんに込められた深い思いを知ることができました。
東海林さんご夫妻から、産まれて来る赤ちゃんのベビーふとんを自分たちで作って見たいと、ご相談をいただいた時には、ふとん作りに若い方が興味を持っていただいたことに嬉しく思いました。
ふとん作りの技能者は高齢化し、年々少なくなっております。若い方が興味を持っていただいて、自作に挑戦いただくことは、大歓迎でした。
ただ、モノ作りとしての、ふとん作りに関心をいただいても、今まで「小座布団作り」のワークショップなどを続けてきましたが、参加する皆さんの関心は、モノ作りの楽しさと好奇心から始まる方がほとんどでした。
しかし、東海林さんご夫婦のベビーふとん作りへの思いは、もっと深いところの、強い思いから起きているものでした。それはオーガニックコットンの開発の原点につながることだったのですが、そのことを知ったのは最近のことでした。
このことは後でお話しするのですが、ご夫妻の「自分の子のベビーふとんを自分で作る」思いがぜひ叶って欲しいと思いました。
妊娠中の奥さんと一緒に作る
しかし現実のふとん作りには、いろいろの心配もありました。何よりも、日に日にお腹の大きくなる奥さんの体調です。ふとん作りはそんなに難しいものではないとお話ししていても、少しばかりの動きと体力は使います。
慣れないふとん作りで無理があって、体調を崩したり、最悪流産――なんてことも浮かんできました。
折から寒い季節でしたが、作業場はけして暖かい場所ではありません。無理な動作や冷えで、万が一にも体調を崩すことがあっては絶対になりません。
そんな心配を東海林さんにお話し、体調の安定期を選んで作りましょうと言うことになりました。
ベビーふとん一式を1日で完成
ふとん作りのワークショップは、今まで小座布団のような小ものでは何度もやってきましたが、本格的なふとん作りは、鴨川和綿農園の田畑健さんのところで、一泊二日の泊まりがけコースで行っていました。
それをベビーふとん一式で、1日コースで仕上げるとなると、それなりの段取りと、綿密なシミュレーションを行いました。
制作の日程は大雪などのため何度も遅れたのですが、お二人の思いは変わりませんでした。
そしてふとん作りの当日になりました。もう一組のやはり身ごものご夫妻の参加をいただき、オーガニックコットンの生地とわたで作る、ベビーふとん作りのワークショップは始まりました。大雪の後のまだ雪の残る日でした。
何よりも妊婦の体調を第一に、けしてご無理のないようにお願いして作業を始めたのですが、そこはご夫婦の共同作業です。旦那さん方とのコンビネーションで、可愛いオーガニックコットンのベビーふとんが出来上がりました。(つづく)
posted by oyamatsu at 17:39| Comment(0) | ベビーふとん