2017年06月13日

赤ちゃんは天使です!ー天使のベビーふとん開発物語ー

1,赤ちゃん受難の時代
■売られているのは化学繊維のベビーふとんばかり
お子さん用の「ジュニアふとん」をお届けした時、そのお子さんがいままで使っていたベビーふとんを見せていただきました。
それはツルツルの化学繊維の生地に包まれた、ペチャンコに変形した化学繊維ワタのふとんでした。
「赤ちゃんをこのふとんに寝かせていたのですか?」と思わず言葉が出てしまいました。
赤ちゃんは汗をいっぱい掻くのに、こんな化学繊維のふとんに寝かされてきて、さぞ寝苦しかったことでしょう。
その時保育園に行っているという、お子さんのことが、なぜか気になって仕方なくなってしまいました。

こんなに酷いベビーふとんがあることを知って、市販のベビーふとんはどうなっているのか?と、大型ショッピングセンターのベビーふとん売り場を覗いてみました。(写真)
ベビーふとんがずらりと並ぶ売り場は、一見カラフルでしたが、ほとんどがポリエステル系の化学繊維で作られた製品ばかりでした。
可愛いプリント模様の生地のふとんなのですが、製糸段階でポリエステル繊維とコットン繊維を混ぜ合わせた「綿混」生地のモノがほとんどでした。
そして中に入っているワタは、すべてポリエステル100%のワタが入っているものだけでした。
自然の素材で作られたものはないのだろうか?と、探してみると、「オーガニックコットンベビーふとん」と表示されているのが1点ありました。しかしよく見ると、生地はオーガニックコットンであっても、中のワタはポリエステル100%のものでした。

■自然の素材で作ったベビーふとんは売っていない
そのお店には、化学繊維ではない、天然の素材だけで作られたベビーふとんは一点も見当たりませんでした。
それではと、全国展開のベビー用品専門チェーン店にも廻ってみました。
さすがに専門店だけあって、たくさんの種類のベビーふとんが展示されていました。しかし、ここにも厳密に自然素材の製品は見つけられませんでした。
見た目はきれいなプリント模様のふとんですが、その大部分がポリエステルに木綿を混ぜた生地で作られた製品でした。
またナチュラルなイメージの綿100%生地の製品であっても、中ワタはポリエステルでした。オーガニックコットン生地のモノもありましたが、これも中ワタはすべてポリエステルのワタが入ったものでした。
中でも問題なのは、ポリエステルワタを圧縮した「固わた」のベビーマットです。
赤ちゃんの背筋が曲がらない「硬いふとん」を特徴に謳っているのですが、実態は、ポリエステル繊維ワタを圧縮して合成化学糊で固めたものです。ポリエステル系のワタは、風合いを出すため人工的に繊維に撚りをかけてあるのですが、そのまま入れるとフカフカ過ぎるふとんになってしまうので、それを固めたモノが「固わた」として作られているのです。
さらに他のベビー用品チェーンも廻ってみました。
そしてわかったのは、市販されているベビーふとんの生地は、ポリエステルとコットンを混ぜた「綿混生地」が圧倒的に多く使われていることでした。もちろんコットン100%生地の製品も何点かあり、その中にオーガニックコットン生地のものもありましたが、中ワタはすべてポリエステルワタのものでした。
日本中の大型ショップでは、純粋な自然の素材のベビーふとんは求められないことがわかりました。

■赤ちゃんには自然素材のふとんで寝かせてやりたい
私は町の寝具店として、50余年間ふとん作りを続けて来ました。寝具店の原点は江戸時代から続く「わた屋」です。主にコットンのワタが入ったふとんを作ってお届けすることが仕事です。
ベビーふとんもたくさん作って、納めさせていただきました。特にベビーふとんは、赤ちゃんの汗を吸って、よく排出するように、純綿の生地とワタで作ることが必須条件でした。純綿とは人工的な繊維が混ざっていない、コットン100%のことです。
わた=綿=コットン です。
コットンのふとん作りが「わた屋」のメインの仕事です。
コットン100%の生地とワタで作るふとんが、良質な睡眠の条件と信じてふとん作りを続けてきました。

赤ちゃんは天から降りてきて、お母さんのお腹に宿った天使です。その天使が地上に降りてきて、始めてカラダを休めるところがベビーふとんです。市販されているあのような化学合成されたベビーふとんで赤ちゃんは安らいでくれるでしょうか?
天から降りてくる新しいいのちを、石油由来の化学繊維のふとんで包むなんて、私には到底考えられないことです。
それに対して、オーガニックコットンでも、コットン100%のふとんでも、大自然の恵みに育てられた「綿花」で作ったものです。柔らかさも、暖かさも、通気性も、大自然の恵みと愛に包まれるのです。

■コットンふとんの柔らかい固さ
「コットンふとんは赤ちゃんには柔らかすぎるのではないか?」というお問い合わせをいただきます。
そんなことはありません。コットンのふとんは、出来立てには、何も荷重が掛かっていませんから、ふくらんでいますが、使っているうちに自然な風合いに戻ります。
コットンふとんの感触は、「芯の確りした柔らかさ」です。オーガニックコットンわたも、インド産の短繊維系わたに変わりましたので、よりしっかりした感触になりました。
コットンふとんは、繊維自体が空気を循環させ、汗を吸い、排出する、理想のふとんです。わた屋として、ふとん作りの職人として、赤ちゃんたちを、自然のままの素材で作った、コットンふとんに寝かせてやりたい一心です。
もちろん、化学繊維の技術はどんどん進歩しています。通気性、排汗性などの問題を改善した製品も出ています。しかしそれでもなお、赤ちゃんの未来のことを考えれば、ふとんはコットンでなければなりません。なぜなら化学繊維のふとんは土に還れないからです。

■健やかに育てるための「かしこい睡眠」
さまざまな環境汚染物質によって、大気も水も食べものも、地球の環境は汚されています。そこへ汚れを知らない純粋無垢の赤ちゃんが降りてくるのです。
赤ちゃんの肌は敏感です。アレルギー、アトピー、あるいはシックハウスなど、化学物質過敏症に悩む赤ちゃんや、お子さんのことは何度もお聞きしています。環境汚染の一番の犠牲者は赤ちゃんや子どもたちです。
大人なら、寝苦しければ、自分でふとんを捲ったり、干したりできますが、赤ちゃんはどんなに不快でも、ただ泣くことだけしかできません。もっと赤ちゃんの睡眠環境のことを考えていただきたいと思います。
食べ物では、「かしこい食育」が言われています。
食は健康の源です。お母さんたちは、子どもたちの健全な成長のために、カラダに安全で必要な食べ物を、かしこく選んで与えています。
それならば「かしこい睡眠」も考えていただかなければなりません。家庭での正しい食事と同じように、家庭での「かしこい睡眠」も大切なことです。
「かしこい睡眠」は赤ちゃんが気持ちよく「安眠」出来る環境を作ることです。「寝る子は育つ」と言われます。
赤ちゃんのこころもカラダも健やかに育つ環境作りは、安全で安心できるベビーふとん選びから始まります。

■心地よさと安らぎのこころを子どもたちに
最近になって睡眠の「質」の研究が進み、睡眠リズムの解析から、入眠と体温に深いつながりがあることがわかってきました。その体温調整を助け、眠りに誘うのがふとんです。
その意味で、ベビーふとん選びには、もっと慎重であって欲しいと思います。

わたしは、市販の化学繊維のベビーふとんで育った子供たちと、
コットン、オーガニックコットンなど、自然素材のふとんで育った子供たちの、
情操面の違いに興味を感じています。
市販されている化学合成されたふとんで育った赤ちゃんが、成人したとき、本当の安らぎ、心地よさを知って育つのでしょうか?
私は成長後の子供たちの情緒に差ができるのではないかと心配しています。
荒れる子供たち、問題行動の子供たち――
その原因はわかりませんが、赤ちゃんの時の、不快な睡眠環境にも関係があるのではないかと思えてなりません。
ベビーふとんは、天から降りてくる新しい ”いのち”=赤ちゃんをお迎えする、安らぎのふとんであって欲しいと願っています。
posted by oyamatsu at 14:41| Comment(0) | ベビーふとん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: