2017年03月25日

オーガニックコットンビジネスの背景と未来

「オーガニックコットンビジネスの背景と未来」というセミナーに参加しました。
オーガニックコットンの世界的認証プロジェクトのRemei社CEOと、bioRe INDIAのCEOによって、オーガニックコットン目指す未来の姿と、栽培現地の実態を詳しく聞いてきました。
布団わたのほとんどは、インドから輸入されていますが、インド綿の95%は遺伝子組み換え綿になっていて、それまで栽培されていた伝統的な慣行栽培種は絶滅した実情を知りました。

その中で、bioRe INDIA社のオーガニックコットンプロジェクトが行われています。
このプロジェクトは、単なる栽培支援を超えた、農民の健康や環境までフォローするbioRe社の公平を重んじたシステムによって実行されています。
またすべての製品は、生産者まで追跡できる、トレサビリティーが確立していますので、信頼のルートによってつながっています。

オーガニックコットに取り組んだ当初は、農薬や化学肥料などの薬害が問題になっていましたが、それらの問題より、今日では遺伝子組み換え種による弊害が大きな問題になっている様子でした。
あらためて、オーガニックコットンをこのルートから供給してきてよかった、このルートのオーガニックコットンが世界で一番信頼出来る製品であることを、再確認することが出来ました。
posted by oyamatsu at 22:17| Comment(0) | 日記